湧音について

湧音(ゆうおん)は、小野 大輔 の運営する個人事業です。
業務用BGM配信サービスを軸に、
を行っています。

※ご利用が終了いたしました専用受信機は、下記事業所所在地までご返送をお願いいたします。返送料はお客様負担となっております。
※本サイトに関するご質問/お問い合わせなどは、「お問い合わせ」よりお願いいたします。
湧音
企業形態個人事業
事業主小野 大輔
創業平成21年4月1日
事業所所在地〒183-0033
東京都府中市住吉町5-7-3-706
配信センター所在地日本国内
e-mailsupport@youon.info
Webhttp://www.YouOn.info
Facebookhttp://facebook.com/YouOnStream
取引銀行三井住友銀行 府中支店
みずほ銀行 府中支店
主な取引先株式会社スーク
スバル・エム株式会社
音楽権利処理JASRAC許諾第9011941001Y31015号

特定商取引法に基づく表記

事業者情報

  1. 名 称 : 湧音(ゆうおん)
  2. 事業主 : 小野 大輔
  3. 所在地 : 東京都府中市住吉町5-7-3-706
  4. 連絡先 : support@youon.info

注文方法

  1. 原則として、インターネットによる注文とします。
  2. 電話や郵便による注文の場合は、インターネットによる登録が必要となります。
  3. 「IP-BGM」の場合は個別契約となり、それに従います。

サポートについて

  1. 原則として、メールによるサポートのみを行います。
  2. 原則として、電話や郵便によるサポートは行いません。
  3. 「IP-BGM」の場合は個別契約となり、それに従います。

営業時間などについて

  1. 配信サービスは24時間・年中無休です。
  2. サポートは、原則として平日10:00~16:00です。
  3. サポート案件によっては、数日程度のお時間をいただく場合があります。

商品について

  1. 本サービスにおける商品とは、湧音よりのBGM配信を受信し業務利用する権利です。
  2. 業務利用規約で定められた利用方法のみが可能です。

利用料金について

  1. 利用料金は料金ページに記載してあります。
  2. 利用料金は先払いとなります。
  3. 利用料金は指定の銀行振り込みのみとなります。
  4. 消費税は内税です。
  5. 振り込み手数料は振込み人負担となります。
  6. 原則として領収書は発行いたしておりません。お客様のお振込み明細が領収書の代わりとなります。別途領収書の発行が必要な場合は手数料をいただきます。
  7. お客様の責によりサービスを解約される場合、先払い済みの利用料金の返金はありません。
  8. 湧音の責によりサービスを終了する場合、先払い済みの利用料金のうち未サービス分の返金を行います。
  9. 「IP-BGM」の場合は個別契約となり、それに従います。

解約について

  1. ご利用を中止される場合は、メールでの申し込みでお願いします。
  2. 申し込み後、速やかに配信を停止します。
  3. 先払い済みの利用料金の返金はありません。
  4. 解約後、「湧音プレート」が貸与されている場合は速やかに返却をお願いいたします。返送料はお客様負担でお願いいたします。
  5. 「IP-BGM」の場合は個別契約となり、それに従います。

クーリングオフについて

  1. 湧音のサービスはクーリングオフの対象外です。クーリングオフはありません。

その他

 インターネット上にはさまざまなネットラジオがあり、いろんな曲が無料で配信されています。
 これらのネットラジオを店舗BGMに利用できればとても安上がりになるのですが・・・・そうはいかないのです。

「ネットで配信する」こと

 通常、音楽をインターネットにネットラジオとして流すには、それぞれの曲の著作権の「公衆伝達権」の処理がネットラジオ側で必要になります。よくネットラジオで「JASRAC許諾****」と表示されているのは、その処理を正しくやっていると言うことになります。
 JASRAC登録曲の場合はJASRACと契約する必要がありますし、JASRAC以外に登録されている場合はそちらとの契約が必要です。どこにも登録されていない曲の場合は著作権者と直接契約する必要があります。これらはすべてネットラジオ側の処理になります。
 このネットラジオ側の処理は、ネットラジオのサーバーのある国の法律が適用されますので、日本国内にあれば日本の法律が、海外にあればその国の法律に従って契約し(ネットラジオ側が)お金を払う必要があります。

「音楽を店舗で流す」こと

 上記処理は、あくまで「ネットで配信する行為」に対して発生します。それを受信して何かに使うのはまた別の権利となります。
 通常、音楽を日本で受信して個人的に利用する上では、個人利用として特に契約は必要ありません。しかし、業務利用(店舗/事務所などで客に聞かせる)の場合は、「演奏権」の処理(契約)が必要となります。これはBGMを流す店舗側が契約する必要があります。ネットラジオかどうかは関係ありません。これは、たとえCDやレコードを流す場合でも同じです。
 TVやラジオ放送を生で流すことと、教育機関や医療施設・事務所などで専ら従業員のみに聞かせるのであれば特別に免除されますが、それ以外の場合は「店舗側が」権利者と契約する必要があります。契約ですので、通常は有料です。
 JASRACの場合、この「演奏権」の契約(支払)には二つの方法があります。
  1. 店舗がJASRACに直接支払う。
    店舗の規模によって支払う金額が決まります。
  2. 湧音やUSEN等の配信事業者と契約し、代わりに払ってもらう(包括処理)。
    これらの事業者と業務用BGMの受信契約を結べば、代わりに支払ってくれます。月額基本料金に含まれる形になります。これは店舗規模によらず固定料金ですので、店舗が小さくないかぎり、直接支払うより割安になります。
 上記のように、ネットラジオを店舗に利用するには、演奏権の契約が必要になります。まったく著作権登録されていない無料の著作権フリー曲しか流れないネットラジオであれば別ですが、普通のネットラジオはJASRAC曲などがたくさん流れますので、契約が必要となります。
 ネットラジオ側で、配信事業者のような代理で支払う処理(演奏権の包括処理)を行ってくれていれば、店舗で支払う必要はなくなりますが、そのようなネットラジオはまずありません。ネットラジオ側で料金をJASRACに追加で支払わなければなりませんから、無料配信はできなくなります。(あくまでも店舗に代わって支払うことですから)

 実際、ネットラジオの無料配信で、店舗で利用可能なところは見当たりません。有料配信でさえ、当方を含めても数社しかないようです。
 普通のネットラジオを「合法的」に店舗で流すのは、とても難しいと思います。
 湧音やUSENと契約すれば、それらの音楽放送以外の音楽も流せるようになります。CDやレコード・ネットラジオをかけてもよくなります(JASRAC登録のものに限る)。店舗の要らぬ手間もなくなりますので、これらをうまく利用したほうがよいと思います。
 ※複製したCDや、TV/ラジオを録音したもの、iPod等に録音したものなどを流すことはできません。別の権利(複製権)の侵害に当たります。
 

店舗でBGMを流す場合の区分と手続き

 店舗などでBGMを流す場合は、著作権の中の演奏権の処理手続きが必要となります。
 JASRACに著作権登録された音源であれば、JASRACや私ども許諾業者と契約すればよいです。
 著作権登録されていない音源の場合は、著作権者に個別に契約する必要があります。
 JASRACに著作権登録された曲を業務利用する場合の対応表
JASRACに著作権登録された曲を業務利用する場合の対応表
利用する音源→
用途↓
購入した市販CDなど購入した店舗BGM専用CDなどテレビやラジオなどの生放送録音/コピーしたものネットラジオ(JASRAC許諾)USENなどのJASRAC許諾配信事業者湧音などのJASRAC許諾ネット配信事業者
事務所など (従業員しか聴かない場所のみ)◎(○)×?○(○)○(○)
福祉/医療/ 教育機関など (関係者しか聴かない場所のみ)◎(○)×?○(○)○(○)
上記以外
店舗や事務所など(客が来る場所)
×(○)××○(○)○(○)
 :特に手続きを行う必要はありません。
 ×:JASRACと契約する必要があります。
 :配信事業者と契約すればOKです。
 (○):配信事業者と契約すれば市販のCDも流すことができます。(JASRAC曲のみ)
 :CDなどをコピーした物は複製権の侵害に当たりますので、特に契約しない限り利用できません。
 :この表はあくまでも湧音の見解に過ぎません。これによる損害が生じたとしても湧音では補償できません。
 詳細は、JASRACのページをご参照ください。